Googleのペンギンアップデート

2012-12-04

ペンギンアップデート(Penguin Update)は、スパム等のSEO対策手段を使ったサイトをGoogleのガイドラインに違反しているサイトを検索して対抗するアルゴリズムです。

昔は、検索上位表示に対するアルゴリズムは単純に被リンクの数だけでページの評価をしていたようですが

ペンギンアップデートが開始されてからは、価値の無いリンクや、スパム等で多くの被リンクを獲得してきたサイトが下位表示され、悪質なサイトはペナルティーにより除外されています。

現在のSEO対策は、非常に難しくなってきているのは事実で、きちんと運営されユーザーに評価を受けているサイトが上位にヒットするようになってきております。

ペンギンアルゴリズムは、以下のようなサイトを監視しているようです。

1.過剰な相互リンクをしているサイト

2.有料の被リンクを購入しているなど

3.自動相互リンクツールや、自動被リンクツールを使ってリンクを装っている

4.無料ブログなどを大量に立ち上げ、まったく価値のないブログサイトから大量リンクをしている

以上に該当すると、Googleのブラックリストに入り、場合によっては検索結果から除外されてしまいます。

今後のSEO対策は、内部対策は勿論ですが、価値のあるサイトから評価を得るなど、サイト本来の評価が高くなければ上位検索は難しいです。

 

当方は、価値のあるサイト運営と、SEO対策について適切にサポート致します。

SEO対策でお悩みの方、是非お問い合わせ下さい。

 

Copyright(c) 2012 AbilitySystem All Rights Reserved.