SEO対策でやってなダメな事

2012-12-04

やってはいけないSEO対策を行うと、Googleの検索結果から除外されてしまう事があります。

過去に業者により大量の被リンクを張りまくるなんて事が流行りましたが、Googleの対策向上により多くの上位表示されていたサイト消えていきました。

以下、Googleが提示しているSEO対策でやってはいけない事です。

  1. ウェブサイトやページの内容に、関係のないと思わるタイトルをつける
  2. 無題や、新規ページなどの意味のないタイトルを付ける
  3. サイト内の多くのページに同じタイトルがつけられている
  4. ユーザビリティを損なうような長いタイトルをつける
  5. キーワードを必要以上に多く詰め込む
  6. サイトやページとは関連性のない内容をディスクリプションに記載する
  7. ディスクリプション内にキーワードだけを羅列する
  8. サイト内の文章そのままを、ディスクリプションにコピーする
  9. 同じディスクリプションをサイト内の全てのページや多くのページで使う
  10. URLを無意味もなく長くする
  11. 必要以上に深い階層にページを多く制作する
  12. コンテンツに関係のないようなディレクトリ名を使う
  13. サブドメインと、メインドメインから同じページにアクセスをする
  14. www.を使ったドメインとそうでないドメインのリンクをページ内で混ぜて使う
  15. URLにローマ字の大文字を活用する
  16. サイト内のリンク構造を複雑にする
  17. 目的のコンテンツにたどり着くまで、多くのクリックを必要とする
  18. ドロップダウンメニューや画像リンク、を多用すしてテキストリンクが無い
  19. サイトマップが古くリンク切れになっているページがある
  20. サイトマップがリンクの羅列できちんと整理されていない
  21. 404ページが、インデックス可能な状態になっている
  22. 404ページが、「見つかりません」のようなメッセージ(404をそのまま放置)
  23. スペルミスや文法のミスが多く内容がめちゃくちゃ。
  24. ほとんどの文章を画像で表示している場合、画像に書いてある文字は読み取りません
  25. 他の人が作ったコンテンツをコピーして活用する

一つ一つを確認し、Googleのガイドラインに準じたページを制作する事からSEO対策は始まります!

SEO対策に効果のあるホームページ制作やWEBシステム開発も、お任せ下さい。

Copyright(c) 2012 AbilitySystem All Rights Reserved.